カネチョク(金子直売店)のショップに移動します

天ぷら粉の原材料を比較し、天ぷらのコツを考える

2020年11月26日

天ぷらの初心者なら天ぷら粉を使ったほうが無難です。天ぷらを揚げるには衣が粘っていてはダメとか、冷やすとよいとか注意点が多いからです。ということは各メーカーが研究して作った天ぷら粉の原材料を読み解けば天ぷらのコツが分かるのではないでしょうか。

各メーカーの天ぷら粉と原材料比較

昭和産業

昭和天ぷら粉黄金

昭和天ぷら粉黄金
昭和天ぷら粉黄金

原材料

小麦粉、小麦でん粉、パンプキンパウダー、卵黄粉(卵を含む) / ベーキングパウダー、カロテン色素

商品説明

衣・素材の味を引き立てるため小麦の中心部分からとった特等薄力小麦粉を使用。卵黄粉とパンプキンパウダーによりおいしさとサクミがある。

おいしく揚がる魔法の天ぷら粉

魔法の天ぷら粉
魔法の天ぷら粉

原材料

小麦粉、大豆加工品、卵黄粉(卵を含む)、でん粉、食塩 / 加工でん粉、ベーキングパウダー、調味料(アミノ酸)、乳化剤、カロテン色素

商品説明

【魔法1】 衣がしっかりと具材を包み込み、旨みを逃がさないので、素材のおいしさが引き立つ。簡単にきれいな花散りができる。

【魔法2】 揚げたてはもちろん、冷めた後も、サクサク食感が持続。

【魔法3】 計量をしなくてよいので、手間がかからず、生地作りも失敗しない。

日清製粉

コツのいらない天ぷら粉

コツのいらない天ぷら粉
コツのいらない天ぷら粉

原材料

小麦粉、加工でん粉、ベーキングパウダー、乳化剤、カロチン色素、クチナシ色素

商品説明

冷水いらず、卵いらず、コツいらずで、花の咲いたような見栄えのよい天ぷらを揚げることができる。素材のうまみを引き立て、カラッと揚がる。冷めてもベタつかずサクッとした軽いおいしさが持続。

日本製粉 

オーマイ 天ぷら粉

オーマイてんぷら粉国産米粉入り
オーマイてんぷら粉国産米粉入り

原材料

小麦粉、でん粉、米粉、植物性たん白、全卵粉、ベーキングパウダー、着色料(カロチノイド)、(原材料の一部に大豆を含む)

商品説明

国産米粉を配合しました。より油切れ良く、きれいな揚げ色で衣がサクサク揚がる。

オーマイ 極さくり天ぷら粉

オーマイ 極さくり天ぷら粉
オーマイ 極さくり天ぷら粉

原材料

小麦粉、砂糖、植物性たん白、乾燥卵黄、ベーキングパウダー、乳化剤、香料、着色料(カロチノイド、ビタミンB2)、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆を含む)

商品説明

ごま油の香りで、家庭でも簡単に専門店のような味が楽しめる。

ちょっとの油でカラッとおいしい油少なめ天ぷら粉

油少なめ天ぷら粉
油少なめ天ぷら粉

原材料

小麦粉、でん粉、脱脂粉乳、卵白粉、ベーキングパウダー、増粘剤(アルギン酸エステル)、乳化剤、着色料(カロチノイド)

商品説明

ちょっとの油でカラッと美味しい天ぷら粉。なべ底から2cmの油で揚げることができる。衣の油吸収率も50%カットで、ヘルシーな仕上がり。

天ぷら粉の原材料分析

改めて表にまとめてみますと各メーカーの共通して使用している原材料と独自のものがあります。

商品名原材料
天ぷら粉黄金小麦粉、小麦でん粉、パンプキンパウダー、卵黄粉(卵を含む) / ベーキングパウダー、カロテン色素
魔法の天ぷら粉小麦粉、大豆加工品、卵黄粉(卵を含む)、でん粉、食塩 / 加工でん粉、ベーキングパウダー、調味料(アミノ酸)、乳化剤、カロテン色素
コツのいらない天ぷら粉小麦粉、加工でん粉、ベーキングパウダー、乳化剤、カロチン色素,クチナシ色素
てんぷら粉国産米粉入り小麦粉、でん粉、米粉、植物性たん白、全卵粉、ベーキングパウダー、着色料(カロチノイド)
極さくり小麦粉、砂糖、植物性たん白、乾燥卵黄、ベーキングパウダー、乳化剤、香料、着色料(カロチノイド、ビタミンB2)
油少なめてんぷら粉小麦粉、でん粉、脱脂粉乳、卵白粉、ベーキングパウダー、増粘剤(アルギン酸エステル)、乳化剤、着色料(カロチノイド)

共通して入っている原材料は、小麦粉・ベーキングパウダー・着色料(色素)

まずは小麦粉ですが、これはたんぱく質(グルテン)が少ない薄力粉でしょう。天ぷらは衣の粘り(グルテン)をできるだけ少なくすることがコツです。

ペーキングパウダーは膨張剤、膨らし粉などと言われ水と反応して炭酸ガスが発生します。衣の通気性を良くする効果があり炭酸水で代用できます。

着色料は汚れた油を使ってもきれいな黄金色の天ぷらができるようになっており味には関係しません。個人的には着色料はいらないです。

だいたい入っている原材料は、でんぷん・卵

共通して入っている小麦、ベーキングパウダー、着色料を除きますとだいたい入っているのは、でん粉と卵です。でん粉は小麦でん粉、加工でん粉などと書いてありますが片栗粉のようなものを混ぜているのでしょうか?小麦粉はモッチリ感、でん粉はサックリ感がでます。卵は卵黄粉、卵白粉、全卵粉とありますが食感などが変わるらしいです。コツのいらない天ぷら粉のみ卵らしき原材料がないのが興味深いです。

商品名原材料
天ぷら粉黄金小麦でん粉、パンプキンパウダー、卵黄粉(卵を含む)
魔法の天ぷら粉大豆加工品、卵黄粉(卵を含む)、でん粉、食塩 / 加工でん粉、調味料(アミノ酸)、乳化剤
コツのいらない天ぷら粉加工でん粉、乳化剤
てんぷら粉国産米粉入りでん粉、米粉、植物性たん白、全卵粉
極さくり砂糖、植物性たん白、乾燥卵黄、乳化剤、香料
油少なめてんぷら粉でん粉、脱脂粉乳、卵白粉、増粘剤(アルギン酸エステル)、乳化剤

独自に入っている原材料

小麦、ベーキングパウダー、着色料、でん粉、卵を除くと次の表となります。

商品名原材料
天ぷら粉黄金パンプキンパウダー
魔法の天ぷら粉大豆加工品、食塩 、調味料(アミノ酸)、乳化剤
コツのいらない天ぷら粉乳化剤
てんぷら粉国産米粉入り米粉、植物性たん白
極さくり砂糖、植物性たん白、乳化剤、香料
油少なめてんぷら粉脱脂粉乳、増粘剤(アルギン酸エステル)、乳化剤

まとめ

各メーカーで天ぷら粉に独自に入れている原材料を調べてみました。パンプキンパウダー、米粉、乳化剤、塩、砂糖やごま油を入れなくてもごま油風にできる香料までありましたが結局は自分で作ってみて味を確かめていくしかないようです。

まずは入れなくてもよさそうなものは削りながら天ぷら粉を作っていきます。グルテンがないそば粉を小麦粉の代わりに使うとどうなるのでしょうか。